竹生島

竹生島

竹生島は、琵琶湖に浮かぶ島の1つで、古くから信仰の対象とされ、神が宿る島ともいわれていました。琵琶湖自体もパワースポットで、龍が住んでいるなどの伝説もあり、神秘的な力を持った場所です。

そして、その龍を封じ込めているのが竹生島の神様だという説もあります。竹生島は、その琵琶湖の中でもより強力なパワースポットで、近年若い女性を中心に訪れる観光客が増えているそうです。その竹生島に神殿を構える竹生島神社と竹生島宝厳寺、この2つを紹介します。

竹生島神社

都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)とも呼ばれ、弁才天・宇賀福神(龍神さま)・浅井比売命(あざいひめのみこと)の3柱を祀っています。五穀豊穣や商売繁盛、交通安全などのご利益があるそうです。

竹生島宝厳寺

宝厳寺は、西国三十三箇所巡りの第30番に当たり、古くから信仰を集めてきた神社です。弁才天を祭神とし、弁才天信仰の聖地としても知られており、芸能などの才能上達のご利益があります。これらの寺社だけでなく、島全体にも神秘的な力を感じることのできるスポットです。