玉置神社

玉置神社

玉置神社は、奈良県十津川村の霊山である玉置山に神殿を構えています。玉置山は修験道の修行の地としても知られており、玉置神社はその修験僧たちの宿としても立ち寄られていたようです。

現在でも、大峯奥駈道の10番目の「修験道の聖地」として多くの行者に訪れられています。本殿には、日本書紀に日本最初の神と記され、神々の中でも中心的な存在である国常立尊(くにのとこたちのみこと)や天照大神、いざなみ・いざなぎや神武天皇が祭神として祀られています。

神社の名前である「玉置(たまき)」の由来は、2000年以上前に、玉城火防鎮護や悪魔祓いのために、早玉神という玉石を納め神社を創建したことからきているようです。そのためこの玉置神社には、全国でも珍しい悪魔退散のご利益があり、神の意思により国を守る強力なパワーが発せられているとされています。

また、聖域として最も強力で神聖な地とされており、この地や神と縁がなければ本殿までたどり着くことはできないとも言われ、道のりも遠いものになります。しかし、それだけに訪れた際に得られる力は大きいでしょう。